長く使用できるクラスTシャツにするための作成方法とは

学園祭や体育祭、サークルのイベントやスポーツチーム全員で揃えたいのがオリジナルTシャツです。クラスTシャツを全員で着用すれば連帯感や一体感も生まれますし、その時その時のイベントへのモチベーションも上がるものです。どうせ作るのであれば長く使用したいものですし、安さだけで選ぶのではなく素材などもこだわって選んでいく事をおすすめします。綿素材でできているTシャツの着心地は良いですが、首回りは伸びてきてしまったり縮みやすいというデメリットも有ります。その点スポーツブランドからも出ているような素材のものであれば長持ちしますし、劣化もしにくいのでおすすめです。汗をかいてもすぐに乾きますし通気性が良ければ、快適に着こなすことが出来ておすすめです。

長く使えるデザインにすることもおすすめ

クラスTシャツを作成するのであれば、長く使えるデザインにするというのも一つの選択肢です。もちろん思い出に残るように、参加しているメンバーの名前を全員分入れるという方法も有りますし、選択されるケースも多いです。しかしそのイベントが終了した際にはそれを外でも着られるような、お洒落でファッショナブルなデザイン、もしくはオリジナルなデザインだとしてもその模様やロゴが小さめに作られていれば普段着としても使うことが出来るので、長く着こなせるという事になります。その時だけ使うという事ですと、そこまでこだわる必要はないかも知れませんが、そのクラスやイベントが終了した後もサークルなどで使用するという長い期間使うものであればデザインを考えて作成するのもオススメです。

長く使える素材のTシャツを選ぶ

クラスTシャツをできるだけ長く使いたいという事でしたら、印刷をするベースになるTシャツの素材選びがポイントです。デザイン的な所で長く使えない、外で着づらいという事も出てきますが、Tシャツの素材が安価なものですと劣化も早く伸びてしまったり縮んでしまうというデメリットも生じます。そのため素材がちゃんとしている物を選ぶのも一つの選択肢です。スポーツブランドから出しているような素材のスポーツTシャツでも、プリントが可能な場合も有ります。軽くて汗もすぐに乾きますし、快適な着心地が期待出来るというのがメリットです。お値段としては激安のものと比較すると少しコストは上がりますが、その分長く使う事を考えますとコストパフォーマンスとしてはメリットもあると言えます。