思い出に残るクラスTシャツの印刷方法とは

体育祭や文化祭などの、学校のイベントを盛り上げるアイテムの1つとして人気が高くなってきているのが、クラス全員分同じデザインがプリントされているクラスTシャツを着用する方法です。昔からこのアイテムは人気が高く、オリジナルプリントを扱っている専門業者に依頼する方法があります。シルクスクリーン技法を利用することで、自分たちで一から作成する方法なども非常に人気があるといわれています。今まではシンプルな綿の素材を利用した無地のTシャツをベースにして、オリジナルデザインをプリントする方法が使用されていましたが、最近ではベースとなるTシャツの素材なども選択することが出来るので、より仕上がりを綺麗にすることが出来たり、専用の印刷方法を選択することも可能になっています。

クラスやメンバーの名前をプリントする

市販されているTシャツをお揃いで着用するのも良い思い出になりますが、クラスTシャツはクラスの人数分だけ世界に一つだけのオリジナルデザインをプリントした物となるので、非常に記念になりますし団結力をアップしてイベントなども力を入れることが出来るメリットがあります。オリジナルデザインのプリントを依頼する際に、専門業者では基本のテンプレートが用意されているので、気に入ったテンプレートを組み合わせてデザインを作る方法もありますが、より思い出に残したいと考えている方はTシャツのデザインにクラス全員の名前を取り入れる方法をおすすめします。一人ずつの名前を入れることによって、より特別感を得ることが出来ますし、仕上がりもぐっとおしゃれな印象になるので近年人気が高い印刷方法となっています。

オリジナルデザインを描いてプリントする

クラスTシャツを作成する印刷方法としては、一から作成したいという場合はシルクスクリーン技法を利用する必要があります。しかし数十枚プリントする場合非常に時間がかかってしまいますし、仕上がりがイマイチになってしまう可能性があるので、プロの専門業者に依頼をして作成をして貰う方法がおすすめです。基本的にオリジナルデザインを決める際に、専門業者のオンラインサイトで用意されているテンプレートを自由に組み合わせて作成する方法も人気ですが、よりオリジナル感を出したいと考えているなら直接自分たちでデザインしたものを専門業者に提出して、プリントしてもラウ方法もあるので、より自由度をアップさせることが出来ますし、思い出を残す事ができるオリジナルクラスTシャツを作成することが可能です。