住まいの購入方法とは

住まいを手に入れる手順

トップ

住まいに関する情報

住まいの基礎知識とは

住まいの基礎知識については、まず計画を立てて図面にする事から始めます。見積りを取り施工者を決定します。契約を結んで既存建物がある場合には解体工事を行います。基礎工事から施工が始まり、完成すると施主に引き渡されます。住まいの工法には木造在来工法、プレハブ工法、ツーバイフォー工法、鉄筋コンクリート造や鉄骨造その他の方法があります。土地の選択は場所によって建築基準法による各種の規制がかかります。施工までには工務店やハウスメーカー、設計事務所という選択方法があります。その他の基礎知識として建築後の表示登記や保存登記、その他不動産取得税を始めとする税金がかかってきます。

給湯器をマンションにも設置しませんか?
設定した温度のお湯がボタンひとつで蛇口から出てきます。お風呂でも、台所でも、洗面所でも快適にお湯が使えます。

知っておきたい住まいの基礎知識

自分の住まいの購入を検討するのであれば、いくつかの知っておきたい基礎知識があります。分譲物件と仲介物件の違いを理解しましょう。分譲物件とは不動産会社から直接購入する物件です。一般的に新築のマンションや販売戸数の多い新築一戸建てはそれにあたります。対して、仲介物件とは売主から仲介の依頼を受けた不動産会社を通して購入する物件です。一般的に販売戸数の少ない新築一戸建てや中古物件がそうです。それを理解したうえで、それぞれの物件の購入の流れの沿って、進めていきます。自分たちの予算や場所などの条件を決め、契約などさまざまな手順を踏んで、引き渡しになります。住まいを手に入れるのも、大変な手間と労力がかかります。基礎知識を得たうえで、スムーズに進めたいものです。

© Copyright 住まいを手に入れる手順. All rights reserved.